印象がよくなる!服選びより香りを大事にしたい2つの理由

オシャレな人は香りも素敵

嗅覚は脳に直結してるからこそ…香りって大事なんです

嗅覚や味覚などによって過去の記憶がよみがえる心理現象のことをプルースト効果やプルースト現象といいます。そう、実は嗅覚って…大脳辺縁系と直接結びついているんです。つまり脳と直結しているんですね。

それって五感の中で嗅覚だけがもつ特徴なんですよ。香りってすごいですよね。
香りを嗅ぐと脳に直接伝わり、海馬という記憶を保管する場所にそのまま情報が送られ記憶を呼び覚ますんだとか。

つまり人は本能的な感覚で香りを感じるんです。

写真や画像などを見て、「懐かしいな」と感じる心も素敵ですが、
それよりももっと深く頭の奥底で好きな人の香りをずっと覚えている…そういうものだからこそ香りのオシャレってすごく重要なんです。

美女たちが周りを魅了したヒミツは美貌+”香り”

脳に強い印象を直接伝える”香り”。
だからこそいい香りは人に「いい印象」を与えるんだとか。

つまり、「いい香りは人を惹きつける」んです。
異性から好まれたいのならばファッションよりも香りをこだわるべき、な理由はそこにあるんですね。

絶世の美女、と言われたクレオパトラも、意中の人と会う前はお香でいい香りを漂わせていたんだとか。

そして楊貴妃も…楊貴妃の場合、実は体臭がきつかったらしいんですが、
殺菌・消臭効果の高いクローブを口に含み、麝香(ジャコウ)を体中に塗ることによって、
体臭と麝香の香りが混ざり、人を魅了するような香りを発していたんだそうです。

どんな香りだろう?って興味、わいちゃいますよね。
クレオパトラの香りも楊貴妃の香りも…嗅いでみたいです。
一目惚れさせる香り、ですからね。よっぽど魅力的な香りだったんだと思います。

香りってそれだけ「自己演出」するには欠かせないのも、なんですね。

美しい人はいい香りがする、いい香りがする女性は美しい。
素敵な男性はいい香りがする、いい香りがする男性は素敵。

…単純、と思われるかもしれませんが、結局はそうなんです。
香りってそういう風に印象を与えるんですね。見た目の印象を覆してしまうほどの力を香りは持っているそうです。

今の時代でもモテ女子やモテ男子は服装よりも「香り」を重視視しているんだとか。
つまりモテたいなら香りから、は昔も今もある意味「常識」なんですね。

服装をオシャレにしているはずなのにモテない、メイクもダイエットも頑張っているのにモテない…という方は、
まずは自分に合った「香り」を探してみるといいかもしれません。

好きな人がいる場合は、その好きな人の好きな香りをリサーチしてその香りを身にまとうのもアリですね。
惚れさせるにはまず香りから!この作戦、結構効くと思いますよ。